TopPage >ギフト向け観葉植物選び

ギフト向け観葉植物選び

大切な人の誕生日にインテリアにもなる、観葉植物を選びたいと考えている方はいらっしゃるでしょうか。園芸店まで足を運んでも、どれを選べば良いのか迷ってしまう方が多いと思います。そんな方のために、こちらではギフトにピッタリの観葉植物を紹介させていただきます。
※以下にご紹介する観葉植物にはリンクを張っておりません。同じ植物でも大きさ、仕立て方、品種によりさまざまな形態の商品があります。具体的商品をご欄になりたい場合には、植物名を検索窓に記入して検索していただければ在庫がある関連商品が表示されます。

新築、転居のお祝い

引っ越し当初はスペースもありますので大きさの制限はゆるいと思います。比較的大型の観葉植物も選択の対象になります。

■棕櫚竹(シュロチク)
 昔から新築お祝いには末永く繁栄する竹の連想からシュロチク(棕櫚竹)が贈られてきました。実際に緑豊かでほとんど害虫もつかず、室内の明るさで生育する育てやすい植物です。そして、とても長持ちします。大きさ的にもボリュームのある10号鉢と家庭向けの8号鉢が選べます。和風のイメージがありますがシュロチク(棕櫚竹)は欧米でも観葉植物として使われており洋風建築でも違和感はありません。お予算が許すなら繊細な細葉の雲南シュロチクもあります。


 
■ウンベラータ
 若い世代のマンションライフでは観葉植物としてウンベラータが人気です。比較的新しい種類の観葉植物ですが、すっかり定着してきました。大きなライムグリーンの葉は若々しく未来への希望を感じさせてくれます。スペースに余裕のある場合には10号鉢、そこそこボリュームもある8号鉢がお求めになれます。

 

開業祝い、事務所開きのお祝い

 オフィスでは実用的な植物が喜ばれます。スペースを取らず、緑豊かで、手がかからない、できれば室内照明だけでも生育できる植物が最高です。

■ポトス
ポトスは最もそれに適した観葉植物です。つる性植物のポトスは仕立て方で形状が異なり場面に応じた選択が可能です。
鋼線のタワーに仕立てたポトスタワー10号は観葉植物レンタル業の定番になる程オフィスに合っています。スリムですが高さがあるので、みずみずしい緑が目いっぱいに飛び込んできます。品種は普通のポトスですから古い葉っぱが多少落ちても、すぐ新しい葉で覆われ目立ちません。寿命的にも4~5年はお使いいただけます。
 
木の支柱に仕立てたポトス10号はゴールデンポトスという品種で大きなウチワのような葉が特長です。少しスペースがあるエントランスや事務所には潤いいっぱいで目の保養になります。
■ドラセナ・マッサンゲアナ(幸福の木)
幸福の木は耐陰性が高く、明るい雰囲気の葉色が好まれます。朴ものといって丸太状の幹に芽吹かせたもので横に広がらず大きなスペースも取りません。小形の8号鉢、7号鉢もあります。
 幸福の木10号はご家庭ではスペース的に邪魔になることがありますが、オフィスではちょうど良い大きさです。人工照明でも育ち、事務所のどこからでも美しい草姿が見えるので環境改善に最適です。お祝いの上位常連です。

結婚のお祝い

 結婚のお祝いは一般に植物を置くスペースがあまりないことからコンパクトなものが好まれます。

■ドラセナマッサン・ゲアナ(幸福の木)
定番は”幸福の木”(ドラセナ・フラグランス・マッサンゲアナ)です。名前も良いのですが、観葉植物として比較的弱い光にも耐え(耐陰性)、斑入りの緑葉が美しく、手間のかからない育てやすい植物です。新婚家庭はまだスペースがあまりないことが多いので、8号から7号鉢が場所を取らず喜ばれます。
■パキラ

同じ理由でパキラの7号鉢、8号鉢も選ばれます。窓のそばに置いて、水さえやっておけば知らぬ間に新しい枝葉を茂らせてゆきます。
■サボテン
少し意外ですが、最近増えているものとして柱サボテン8号があります。このサボテンはトゲが退化してチクチクしないのが特長です。新婚さんは多くの場合、お二人とも仕事がある場合が多く、管理の手間がかけられません。サボテンは、スペースも取らず、水やりも毎日必要ないので忙しいカップルに最適です。窓の近くに置き、サボテンに光が当たる幅だけだけカーテンを開けておくだけがポイントです。棘(とげ)のないウチワサボテンの一種墨烏帽子スミエボシは気楽に飾れます。西部劇気分を楽しみたい方なら大雲閣(ユーフォルビア)という棘のきついものもあります。
 

開店お祝い

 どういうお店か業種によってお贈りする植物に違いがあります。

■棕櫚竹(シュロチク)
和風割烹、居酒屋はやはり和風の雰囲気があるシュロチク(棕櫚竹)10号、カンノンチク(観音竹)7、8号があります。本物の竹ではありませんが、竹の名がある植物は日本では古来おめでたい植物とされています。
<注意点>クロチク(黒竹)10号など本物の竹の鉢植えが贈られることががありますが、本物の竹類は屋内には置けません。室内では光量不足で2週間たたないうちに落葉して枯れます。お店の外の屋外や玄関飾りとして使用していただければ雰囲気づくりに効果的です。
■ウンベラータ
レストラン、ダイニングでは、新しい傾向としてはウンベラータ10号が増えてきました。ウンベラータ、ベンジャミンはかなり明るい光を必要とする観葉植物ですが、このようなお店は一般に外光の入る大きな窓があるのでウンベラータやベンジャミンが使えます。
■オリーブ
オリーブはイタリヤレストランに人気です。屋外の店先を飾る鉢植えとしてオリーブ8号をテラコッタに植えエントランスやベランダに置けば地中海の雰囲気です。
■パキラ
パキラは実用的にも飲食店に向いています。傘型の樹形なので通行の邪魔にならず高い位置は照明が当たりやすいので植物が弱りません。もちろん、爽やかな大きな葉は食欲をそそります。
パキラは「発財樹」として中華料理の開店祝いの定番です。中国ではお金が儲かりますようにという縁起植物だそうです。
■ミリオンバンブー(サンデリアーナ)
ドラセナの仲間のサンデリアーナ7号鉢、サンデリアーナ8号鉢も贈られます。こちらは「ミリオンバンブー」とか「開運竹」という別名があり、やはり商売がうまくいくようにといった縁起かつぎから来ています。実用的にも室内光で生育しスリムで明るいライム色の葉が美しく、店舗装飾用植物として優れています。飾る場所としてはカウンターとか出窓など高い位置が適しています。
■シマトネリコ
 シマトネリコは喫茶店のエントランス飾りとして喜ばれます。屋外用観葉植物であるシマトネリコ10号、シマトネリコ8号は年中、屋外に置きっぱなしでいいので管理が楽です。夏には枝が風にそよぎ爽やかです。
■ベンジャミン・トピアリー
以前からの定番としてベンジャミンのスタンンダード10号(スタンダードまたはトピアリー仕立てと言います)が今も変わらぬ人気です。ボンボリ形に刈り込んだ樹形がエレガントで鉢元がすっきりして邪魔になりません。スペースが取れない場合、小形のベンジャミン・スタンダード7号、8号も人気です。屋外なら日陰でも元気に育ちます(冬は屋内に取り込み)。
 
■コーヒーノキ
 喫茶店・レストランではコーヒーノキ8号、コーヒーノキ7号も贈られますが、観葉植物としてのインテリアとしてだけでなく、お客様との話題作りも狙いのようです。
 

プレゼントをする時の注意点

せっかく用意したプレゼントでも、すぐに枯れてしまうと、相手に申し訳ない思いをさせてしまいます。そのため、ギフトにはできるだけ育てやすい観葉植物を贈ることがおすすめです。
当店は原則的に在庫を持って販売していますので、短納期でお届けできます。それでも品切れや、冬季においては気象条件のため発送ができなかったり、遅れることがありますので、日程に余裕をもってご発注ください。

観葉植物の贈り物でぜひ心に留めていただきたいことは”鉢皿をセット”で贈っていただきたいということです。植物は水をやらないと枯れてしまいますが、お祝いを受ける側は、たいていお忙しく鉢皿を買いにゆく暇がありません。鉢皿一枚で心使いを喜んでいただけます。鉢皿は商品ページでセット購入できます。

観葉植物通販のポトス
現在のページを携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

大型商品の送料のご注意
注文確定時に表示される送料は関東地方と山梨県向けの送料です。その他の地方は別途送料になりそれは『注文承諾メール』でお知らせします。その段階で注文キャンセルも可能です。