TopPage >観葉植物探訪 >観葉植物訪問ーモールや商店

観葉植物訪問ーモールや商店

商業施設に花や観葉植物は必須アイテムです。これを有効に展示することで雰囲気作りや視野、動線の誘導ができます。難しさは植物は生きていて、それぞれ適切な生存条件があるため、植物の外観だけで設置場所を決められないことです。不適切な場所に置くと枯れるなど却って雰囲気を悪くします。

エントランスに置かれたドラセナジェレ

植物はドラセナ・ジェレです。 ドラセナ・ジェレは葉の色が明るい割には耐陰性が強いのでエントランスに設置されることが多いようです。しかも、従来からある”幸福の木”ドラセナ・マッサンゲアナより、多少寒さに強いので人が行き交うエントランスの冬の観葉植物として適当です。照明についていえば、全体照明だけでは光量不足となるため、天井のスポットライトが当たる位置に置かれ、部分照明もされています。この場面でドラセナの鉢植えは、通行人がガラスの壁にぶつかることを防止するため≪壁を意識させるように≫置かれています。

ストレリチア・レギネ

空間を区切るために置かれたストレリチア・レギネです。右側がインフォメーションカウンター、左側が待合です。背の高いレギネで空間を仕切っています。この植物は光量を要するので照明のすぐ下に置かれています。しかし、この植物にはこれでも光が足りませんので、あくまで1ヶ月くらいの仮置きしかできません。おそらく観葉植物レンタル業者によって管理されているものでしょう。