TopPage >観葉植物を育てる際に欠かせない環境

観葉植物を育てる際に欠かせない環境

観葉植物を育てていらっしゃる方で、育ちが悪い、なんだか元気が無いとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
観葉植物を育てる際には、光と水、温度管理がポイントとなります。

観葉植物を育てる明るさ

観葉植物の種類によって日光を好む種類、半日陰を好む種類、ある程度日陰に耐えられる種類に分けられます。
一般的には柔らかな光が当たる明るい場所を好む植物が多いので、夏の直射日光には気をつけることが大切です。
ただ、日光が入らない部屋の奥や蛍光灯の明るさより暗い場所など、暗い日陰に置き続けて育つ観葉植物はありませんので、日陰に強い植物でも定期的に明るい場所に置くようにしましょう。

観葉植物の水やり

水は観葉植物が成長するために重要です。たっぷりの水が必要な種類、多肉植物など乾燥地の環境に順応した種類があり、マメに世話ができる場合はどんな観葉植物でも問題ありませんし、忙しいという場合は乾燥に強い種類の方が育てやすいでしょう。
たっぷりの水が必要な観葉植物にも、鉢土が湿っていても良い種類、鉢土が乾いてから水を与えた方が良い種類があります。
水のやり過ぎなどによる根腐れで枯れてしまうことも多いため、購入する種類に適した水やりの方法を確認しておくことが大切です。

観葉植物の温度管理と葉の湿度

観葉植物には寒さに強い種類もありますが、元々温かい熱帯地方原産で寒さに弱いものが多いので、冬には室温が10℃を下回らない場所に置くようにしましょう。一般的に18℃~26℃が適温で、この温度帯の時期は水やりをするとよく育ちます。
葉にも適度な湿度が必要で、空気が乾燥する時期やエアコンを使用する部屋の場合、定期的に霧吹きで葉に水をやります(葉水といいます)。ティッシュや布巾を湿らせて葉を拭けば、潤い補給と共にホコリの除去もでき、ハダニ防止にも繋がります。
肥料は年に一度だけ5、6月の成長が始まるころに少量与えます。マグネシウムをたくさん含んだマグアンプKなどの緩効性化成肥料が好適です。

市川市や周辺で観葉植物をお探しの方は、当サイトを運営する園芸店へお越しください。
コンパクトなハイドロカルチャから高さ2m近くの大型観葉植物まで、インテリアギフトおすすめの観葉植物を豊富に揃えております。松戸市にある園芸店で、市川市や周辺エリアから利用しやすいのはもちろん、通販にも対応しておりますので全国のお客様にご利用いただけます。