TopPage >観葉植物を植え替える際のポイント

観葉植物を植え替える際のポイント

インテリアギフトとして人気の観葉植物は、卓上タイプから人の身長を優に超えるものまで、大きさ、種類も様々です。
元気に育成する為には定期的に植え替える必要があります。そこで、観葉植物を植え替える際のポイントについてご紹介します。

植え替えが必要なケース

鉢とのバランスが悪い、鉢底の穴から根が張り出している、水を与えても土に染みこんでいかないといった場合、根が鉢いっぱいに回っていることが考えられます。根詰まりすると、鉢の中の空気が少なくなって根が呼吸できなくなってしまいます。
また、購入してから2年以上経過していると、土の栄養分や微生物が減り、上手く成長しない場合があります。
根の状態を見つつ、2~3年に一回は植え替えが必要です。

特に大型観葉植物を購入した場合、大株は根の成長も速いので、根詰まりが早くなります。(但し、幸福の木、ユッカなどの太い幹に葉を吹かせたタイプの観葉植物は植え替えはできません。鉢の中に固定枠があり、それを外そうとすると根を切ってしまうからです。これらの観葉植物は年に一度、上から培養土を足すにとどめます。)

植え替えの時期

観葉植物を植え替えるには、植物が活発になっている時期を選ぶ必要があります。多くの観葉植物に最も適しているのが、最低気温15℃以上の5月中旬から9月中旬頃、特に5~6月です。地方によって異なりますので≪八重桜が散ってから≫と覚えておいてください。夏でも植え替えが可能な観葉植物もありますし、暑さが苦手な観葉植物であれば、暑さが落ち着く9月頃に行うようにしましょう。冬から春先は植物が活発ではなくなります。この時期に植え替えが必要な鉢があっても、無理して植え替えるのではなく、次の植え替え時期まで待つことが大切です。

植え替えの方法

株を大きくしたい場合、根鉢が崩されるのを嫌う観葉植物の場合は、周りの土を薄く剥いで傷んだ根を取り除いてから植え替えます。大きな鉢への植え替えは、急に大きな鉢にするのではなく、一回り大きい鉢を選ぶのがポイントです。
同じ鉢に植え替える場合や株を大きくしたくない場合は、古い土を3分の1程度取り除き、長すぎる根や黒く傷んだ根も取り除いてバランス良く調整しながら植え替えます。植え込みに使う土は「観葉植物の土」という名前で売られているものを使うのが手軽で便利です。

鉢底には水はけと土が流失するのを防ぐためネットを置くか鉢底石という名前で販売されている軽石を入れます。
発泡スチロールのブロックを砕いたものを入れる場合もありますが、中型鉢までならともかく、大型鉢では、次第に株の重みでブロックがつぶれ、鉢底の水抜き穴をふさぎ却って水はけを悪くしますので、大鉢では使用しないようにします。

通販サイトを活用すれば手軽に購入することができるので、店舗が遠い方や忙しい方にもおすすめです。
通販で観葉植物購入をお考えでしたら、当サイトの通販をお役立てください。
サイズ、種類共に充実した品揃えでギフトラッピングにも対応しており、短納期で全国へお届けいたします。